• 育児担当制…一人ひとりを大切にし、毎日同じ保育士が育児します。
    乳児にとって、食べさせたり、寝かせたりする保育士が一定である事は、情緒的に安定し信頼関係が育ち要求を表現できるようになります。
    人間としての基礎づくりとして基本的信頼関係を築けるように育児担当制を取り入れています。
  • 流れる日課…一人ひとりにあった生活リズムを考えながらクラス全体の日課を決めていきます。
    子どもの発育と健康を守るために、毎日の規則正しい生活が大切です。
    早寝早起きの生活リズムで、決まった時間に寝て、食べて、遊んでという生活を繰り返していく中で,子どもは次に何をするかという見通しを持つことができ、気持ちが安定します。
    おなかが空いたら食べる、眠くなったら寝るという自然なリズムを基本とします。
    感覚機能を充分に働かせることができるよう、その子にあった日課を考えていきます。
  • わらべうた…心を育てるわらべうたを大事にしています。
    わらべうたは代々歌い継がれてきた伝承音楽のひとつで、文化遺産とも言えるものです。お腹の中で聞いて育った母親の心臓の音のように、わらべうたの鼓動は、子どもにとって自然で心地よいものであり、母のぬくもりがあります。
    小さい子どもにとってわらべうたが適していることのひとつは、音域が狭くて聞きやすく、子どもの声帯に無理なくうたいやすいことです。また歌詞が単純で幼い子どもに合っています。
    短い詩やとなえ、手や顔あそび、ひざ乗せあそびなども楽しみます。目と目を合わせ保育者の肉声で一人ひとりに向けてうたいます。
    幼児になれば、友だちとコミュニケーションをとりながら遊び、音楽教育とともに秩序を育てます。
  • 子どもの居場所を大切にします
    一人ひとり、食べるところ・寝るところが、決まっていていつも同じ場所を使います。自分の居場所があることで安心できます。
    お休みの子の場所も守られ、そこが空いていることで友だちのことも気づきます。
    シンボルマークはその子を象徴するものとして6年間大切にしています。
  • 異年齢混合保育をします
    異年齢混合クラスとは、幼児(3歳児〜5歳児)の子ども達が同じクラスとなり生活を一緒にすることです。
    その中で、3歳児は4・5歳児に憧れを持ち、4・5歳児は3歳児がいることでお世話したり手伝うことを積極的に行います。
    更に、3年間同じクラスで過ごすことで、子ども達が見通しを持ち活動に関して期待を抱きます。
    子ども達の間では、クラスの中の好きなあそびやうたの伝承が生まれます。
  • 日常生活の延長としての行事
    小鳥の森保育園では、行事を日常の生活とかけ離れたものとはせず、子どもたちの負担にならないように、日ごろ の活動の延長に行事を迎え入れるものと考えています。

0歳児で大切にしてること

  • 食べることや睡眠、排泄などの世話は情緒の安定のため特定の保育士が当たります。
  • 見たり、聞いたり、触ったりと感覚機能を充分に働かせやすいように保育室のコーナーを工夫し遊具を整えます。
  • 一人ひとりの子どもにあった健康な睡眠のリズムを整えます。 ・安心できるよう子どもの寝る場所、食事の場所を決めています。
  • 個人差、月齢差によりリズムが変わり、睡眠も3回から2回、1回と徐々に移行します。
  • 随時、水分補給をします。
  • 発達に合わせた手作り遊具を用意しています。外気浴や散歩などは随時取りいれています。